高野悦子「二十歳の原点」案内
二十歳の原点(昭和44年)
1969年 4月23日(水)
 一一・一〇AM
 日記の冒頭の記述。日記を書きはじめたのは午前11時10分。

 素裸で窓をあけたまま、四時ごろ寝てしまった。
 京都の午前4時の気温は9℃。

 新聞をみる。
朝日新聞1969年4月23日 「朝日新聞(大阪本社)1969年4月23日」(朝日新聞社、1969年)である。
 「自民党は22日、同党に「裁判制度に関する調査特別委員会」を設置する方針を固めた。自民党内には日米安保条約再検討期にあたる70年をひかえて、最近の公安、労働事件に対する裁判所の判決を不満とする空気が出ており、同特別委は裁判制度の根本的検討とあわせて、裁判官の姿勢をけん制するねらいを持つものともみられている。
 このような特別委設置は政党の司法権への干渉になりかねないとして、憲法で保障された「三権分立の原則」とからんで各方面で論議が起りそうだ」(『自民、裁判制度を検討─「公安判決」に不満』「朝日新聞(大阪本社)1969年4月23日」(朝日新聞社、1969年))
 「東京大学の加藤一郎総長は22日夕、東京・駒場の宇宙航空研究所で行われた記者会見で、文部省が21日付で全国の大学長あてに出した警察官の学内立入りなどについての新しい文部次官通達を批判する見解を発表した」(『文部省の次官通達、東大総長が批判』「朝日新聞(大阪本社)1969年4月23日」(朝日新聞社、1969年))

 いやあ ぼかあこんなことでは負けませんぞ。ぼかあ 闘ってますぞ
☞1969年4月16日「やるぞお ぼかあ闘いますぞお」

 じっとりと汗ばむ陽の光の中に、散りぎみの八重桜が重たく花を咲かせ
 京都:晴、最高27.4℃まで上がり、一番の陽気になった。

 金子光晴の詩に「おつとせい」というのがある。
 しかし「言語空間の探検」を読んで、どうしてこの詩人を今まで知らなかったのかと思うほど胸に入ってくる詩があった。
言語空間の探検 金子光晴の「詩集鮫」より『おつとせい』「言語空間の探検」全集現代文学の発見第13巻(學藝書林、1969年)。「言語空間の探検」は、当時750円。

1969年 4月24日(木)
 四・二八を迎えるにあたって
 “沖縄デー”に関する一連の闘争についての参加を意味する。 
四・二八御堂筋デモ

 沈黙は金。
 「「雄弁は銀、沈黙は金」という言葉が、日本にあるそうです」(奥浩平『中原素子への手紙1963年4月4日』「青春の墓標─ある学生活動家の愛と死」(文藝春秋新社、1965年))
☞1969年4月22日「Silence is Golden」

 あと五〇〇余円で十日間を暮さねばならぬ。
☞1969年4月16日「今月はあと二〇〇〇円しかないが何とかやりぬこう」」

 今月は酒代に三五〇〇円ほど使ってしまった。
 4月10日付記述「ウィスキーを三杯」等下宿消費分(サントリーホワイト)=840円
 4月15日付記述の洋酒喫茶等4軒ハシゴ分=1,960円
 4月18日付記述「今日は酒と煙草にお金を使いすぎた」=金額不明
 4月22日付記述のシアンクレール分=400円以下 などが該当する。

 金子光晴
 金子光晴「鮫」「女たちへのエレジー」(「言語空間の探検」全集現代文学の発見第13巻(學藝書林、1969年))。
☞1969年4月23日「しかし「言語空間の探検」を読んで」

 全学連「四・二八沖縄奪還大闘争」討議資料
 全学連(反代々木系)は当時、4月28日に首相官邸を占拠するといった実力闘争を掲げていた。

1969年 4月25日(金)
 北ア 滝谷よ
☞1969年3月25日「おお、北アルプスの山々よ」

 オイディプスよ
アポロンの地獄

 全共闘大会はお流れ。
 翌日の「4・26全関西労学集会」に向けた、立命館大学全共闘の決起集会が予定されていた。

 久しぶりで恒心館へ入ったが、小気味のいいほど破壊しつくされていた。
 恒心館は、全共闘の封鎖が続いていた。
恒心館
 高野悦子が恒心館に入ったのは、記述では3月10日夜以来である。
 当時、恒心館にいた日本史学専攻の同級生は「1969年4月下旬。彼女との出逢いがまさかここで起きようとは思ってもみませんでした。…(中略)…
 『お前たち同じ学年だろう。もっと彼女と話しをしなければ…』バリケードの中で、多分ご存知だと思いますが亀井さんからいわれました。決して話をしなかった。そんな間柄ではありませんでした。むしろ雑談ならよくしました。─雑談だけ─常時(4月-5月上旬の段階で)恒バリにいるのは2、4年生が殆どであり3回生(日本史)では僕とMだけでした。皆自分のことで精一杯だったんです。
 高野さんも交えて三人で深夜キャッチボールをしたこともありました。最初Mと二人でしていた時に高野さんが犬をつれてみにきたのです。…高野さんはいつも殆ど一人で淋しそうでした。でも、どうすることも僕にはできませんでした」
手紙(立命館大学生。高野家宛)(『高野悦子さんを囲んで』「那須文学第10号」(那須文学社、1971年))
☞1969年3月11日「九時、店を出て恒心館に行った」

 恒心館屋上で考えた。
 恒心館屋上で見ていたのは、河原町通向こうの広小路キャンパスである。
恒心館

 一人でもおいらは闘うぜ。仕事先だって闘ったじゃないか。
☞1969年4月17日「私にできる唯一の反抗であったのだ」

 「言語空間の探検」を読む。石原吉郎、彼はなんとどしりと私にせまってきたことか。吉野弘なんていうのはオプティミズムのお人好しさ。
 石原吉郎『サンチョパンサの帰郷』、吉野弘『消息』『幻・方法』(「言語空間の探検」全集現代文学の発見第13巻(學藝書林、1969年))である。
 吉野弘(1926-)は、詩人。
☞1969年4月23日「しかし「言語空間の探検」を読んで」

 きのうの日本史集会のときの河上君の発言を思い出す。
 日本史集会は、日本史学専攻の集会。
 河上君(仮名)は、日本史学専攻の同級生(3年)。当時の日本史学専攻3年における共産党員のキャップ。

 彼はさらに岩井氏は人間、生きている人間には矛盾があって混沌さはないというのだろうか。
 岩井氏は、文学部日本史研究室の岩井忠熊教授。
 1月に他の教授陣と同じく辞意を示したが、後に辞意を撤回して大学に残った。共産党員の岩井氏は「代々木系といわれる」(鈴木沙雄『特集・新局面を迎えた大学問題─関西にみる東大紛争の衝撃』「朝日ジャーナル1969年2月9日号」(朝日新聞社、1969年))と報じられた。
☞1969年2月1日「教授のいない大学に」

 今日、メンダイの四六テーブルに坐っていた二十五、六の男。
 メンダイは、京都国際ホテルのメイン・ダイニングのこと。
京都国際ホテル

 山本太郎の「どこかに俺の存在を悲しんでいるもの─神─がいるはずだ」と、いうことがわかるような気がする。
 「人間を苦しむ神、いや、俺を苦しむ神がどこかにいなければならない。
 俺はその神に、存在の悲しみを「問わ」なければならない」(山本太郎『詩論序説』「山本太郎詩集」現代詩文庫(思潮社、1968年))の引用である。

☞1969年4月22日「山本太郎詩集」

 社青同の民青批判のパンフレットもよんだし、
 社青同=日本社会主義青年同盟は、日本社会党の青年組織を母体とする活動家の団体。ただし社会党とは距離を置いていた。
 なお立命館大学全共闘を構成する一派である「社学同」とは源流から異なる。

 井上清もよんだ。
☞1969年4月22日「井上清の「第二次世界大戦後の日本」」
高野悦子「二十歳の原点」案内