高野悦子「二十歳の原点」案内
二十歳の原点(昭和44年)
1969年 5月 5日(月)
 晴、夜おそく雨
 昼間とても暑かったせいか、体がだるかった。
 暑い陽ざしの中を起き出す。

 5月5日の京都:晴・最低12.0℃最高27.3℃。午前中は雲が少なく晴れたが、午後11時ごろから小雨になった。

 きのうの夜は「戦後日本の歴史」を少し読んだだけで眠った。
戦後日本の歴史 井上清(1913-2001)「戦後日本の歴史」(現代評論社、1966年)である。「8・15から朝鮮戦争へ、サンフランシスコ単独講和、安保闘争を経て日韓条約にいたる激動の20年─敗戦の虚脱から立ち上った日本国民の歩みをヴィヴィッドに描いた戦後日本の歴史の決定版!」。
 5月2日(金)に立命館大学の図書館で借りた。
☞1969年5月3日「図書館で本を借り」

 昼食後久しぶりにFMのジャズをきき、

 NHK-FM5月5日午後0時15分~:ジャズ

 煙草と「戦後学生運動」がほしいので
資料戦後学生運動第1巻表紙シリーズの広告 「戦後学生運動」は、三一書房編集部編「資料戦後学生運動」(第1巻~)(三一書房、1968~)のことである。この時点で第3巻まで出ている。当時各巻2,800~3,000円。
 本(ウェブスターの辞書と米語の世界地図と学生百科事典)を売りに行った。

 高野悦子のために父・高野三郎が前年に買ったものである。
☞二十歳の原点序章1968年2月21日「おとうさんが、かっこにはWebsterの辞書と英語の地図をかってくれ」

 三〇〇〇円位になるだろうと思ったが、

 「資料戦後学生運動」が第1巻が3,000円のため、このような記述になる。

 折から今日は祝日で京極通りは「繁栄」と「平和」に満ちあふれているのに

 京極通りは休日の観光客でにぎわっていた新京極通と解される。ただ実際に自転車で本を売りに行ったのは、隣接する寺町通とみられる。
 「そのむかしの四条河原のにぎわいは、屏風画にとどめるくらいで、明治以降は新京極に移った。東京極が寺町となり、その寺町の東にそってつくられた新京極は、もとは三条よりの誓願寺前に立並んだ縁日にはじまったものらしい」「新京極が京都の大衆たちの娯楽センターとなったのも、当然であろう」(林屋辰三郎「京都」岩波新書(岩波書店、1962年))
新京極通地図新京極通
☞二十歳の原点序章1968年4月17日「立命から四条まで寺町通りを下って古本屋あさりをした」

 そのあと、御所で一服。

 ここでいう「御所」は、京都御苑のことを呼んでいる。
 京都御苑は、京都市上京区丸太町通烏丸東入ルにある、当時は厚生省(現・厚生労働省)が管理していた公園である。現在は環境省が管理している。
京都御苑

 初夏の五月の空を風が流れゆく

 午前中は青空だったが、午後3時ごろは雲が広がり、南西の風6.2m。

 従食を出たときポパイ氏に会う。

従業員食堂
 ポパイ氏は、中村のことである。
 中村☞1969年6月2日

1969年 5月 7日(水)
 晴

 京都:晴・最低5.8℃最高26.2℃。午前中は雲が多い時間帯があったが、午後は快晴になった。

 スキー道具一式を売って「資本論」を買うか。
資本論広告 この記述にある「資本論」は、カール・マルクス著マルクス=エンゲルス全集刊行委員会訳「資本論」(普及版)全5冊セット(大月書店、1968年)のことである。当時2,500円。
 大月書店では「たくさんの労働者、学生の皆さんの強い要望に応えて普及版を刊行しました。学習意欲に燃えるすべての人びとに喜んでいただける文庫版と変わらない安い定価。しかも正確、厳密でわかりやすい翻訳。長期にわたる研究、学習に耐え得る堅牢な造本の上製本です。全国で圧倒的な好評を博し、学習会、研究会、講座などのテキストに使われています。この普及版資本論を恒久的に出版することによりマルクス経済学の研究学習に寄与できることを念願しています」と紹介している。
☞1969年5月8日「やはりスキーをやめて「資本論」にすべきか」
高野悦子のスキー道具(遺品)

 どこかに、この広い宇宙のどこかに私をみつめているsomeoneがいるにちがいない。

☞1969年5月8日「どこかにsomeoneがいつでもいるってね」

 (とうとう買っちゃったんだ。定価一〇〇〇円也の彼の詩集を)

思潮社版石原吉郎詩集 買ったのは、石原吉郎「石原吉郎詩集」(思潮社、1967年)。当時1,000円。『サンチョ・パンサの帰郷』、『いちまいの上衣のうた』、『棒をのんだ話』を所収。
 紹介では「シベリヤの強制収容所体験をもちつづけ、孤独な心で不可思議な魅力あふれるうたを織りなす詩人の全詩集を収めた」。
☞1969年3月15日「石原吉郎の詩集を早く手にとりたい」

 給料もらって久しぶりに金ができたので

 アルバイトの給料は前日の5月6日(火)に受け取っている。
☞1969年4月24日「あと五〇〇円余円で十日間を暮さねばならぬ」

 ジャズをききながら「賃金、価格、利潤」を読み通す。
 カール・マルクス「賃金、価格、利潤」(文庫版)。

 そのあと上きげんでバイト先に。

シアンクレールから京都国際ホテル

 五〇〇名とあまり混んでいなかったので、
 京都国際ホテルは客室700人収容だったので、京都の春の観光シーズン中にしては、7日(水)は3連休(5月3日(土)・4日(日)・5日(祝))が終ったあとの平日で、500人だと混んではいなかったという認識になる。
高野悦子「二十歳の原点」案内