高野悦子「二十歳の原点」案内
二十歳の原点(2021年)

舞台『アカシアの雨が降る時』

アカシアの雨が降る時 高野悦子『二十歳の原点』単行本の出版は1971年5月で、2021年に50年を迎えた。この節目の時、1970年代初頭を扱い、時代の象徴として「二十歳の原点」が登場する演劇が、東京・六本木の六本木トリコロールシアターで2021年5月15日(土)から6月13日(日)まで開かれた。
 初日の5月15日に取材した。

 演劇のタイトルは、舞台『アカシアの雨が降る時』。いわゆる60年安保の時代を象徴する曲として知られる、西田佐知子「アカシアの雨がやむとき」を参考に題されたとみられる。料金は6,800円
 東京が新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言期間にある中で開かれることとなり、関係者にとってはそもそも開演できるのか、開演のために感染防止の対応をどのようにすべきかなど相当の苦労があったと思う。劇場では対策が厳重に行われた。

 作・演出は鴻上尚史氏。日本の現代演劇を代表する一人である。
 パンフレットでは導入部について「母が倒れた。病院に駆けつけると、母は自分のことを20歳の大学生だと思い込んでいた。そして、私の息子を、つまり、母の孫を自分の恋人だと信じて呼びかけた。母の恋人、つまり私の父と息子は、顔がよく似ていた。母と父は大学生の時に出会ったのだ。
 医者は、母は病気であり、母の妄想を否定してはいけないと告げた。息子は母の恋人として話し、私は恋人の父、つまり私の祖父だと振る舞った。
 こんがらがった関係の中、母は大学に戻ると言い出した。70年代初頭、恋と革命が途方に暮れ始めるキャンパスへと。」と紹介されていた。
 公式サイトで鴻上氏は「おかしくて、かなしくて、切なくて、わくわくする家族の物語の始まりです。ご期待下さい」と上演に向けたメッセージをしている。
六本木トリコロールシアター公式ツィッターに登場する二十歳の原点
 初日の開演は午後7時。観客席は意外にも若い女性の姿が目立ち、自分より年上とみられる人は少ない。
 先だって鴻上氏の声で「本日は『アカシアの雨が降る時』にご来場いただき誠にありがとうございます。劇場でお会いできることを本当にうれしく思います」と放送。上演中のお願いなどの説明があった。
 そして、ステージは病室でのシーンから始まる。
 さて「二十歳の原点」がどこでどのように飛び出すのかと思いながら耳を澄まし目を凝らして臨んだが…。

六本木トリコロールシアター 鴻上氏が手がけるコメディだけに、笑いやギャグ、軽妙なセリフは冒頭から〝てんこ盛りのわんこそば〟状態で襲ってくる。セットや場面転換などへの工夫も行き届いていて、エンターテインメントとしての完成度に感心する。

 1972年頃の出来事や世相、さらに流行語などが登場する中で、「二十歳の原点」の占めるウエートは大きく、物語の鍵になっている。
 高野悦子生前の1960年代後半ではなく、1970年代初頭に『二十歳の原点』が出版されベストセラーとなって、若者の内面に与えた影響力。そして「二十歳の原点」の存在を初めて聞かされる現在。ギャップが鮮明になっていく。
 そのギャップを笑いながら、〝自ら悩み、考え、自分のやりたいことを本当にできているのか〟〝日本人は幸せになったのか〟を問われる。

 安保闘争や反戦運動など様々なムーブメントが歴史的記録となり、それを知らない世代が大人になり親になっても、社会の矛盾や世代間の断絶といった課題は変わっていない、あるいは当時以上に深刻かもしれない。家庭・学校・会社によりどころを求めようとするが、必ずしも幸せは待っていない。
 進むにつれ、どのような結末になるのかと引き込まれる。そして迎えたラストシーン…。
 現代演劇トップクラスの舞台で「二十歳の原点」がここまで扱われるのは初めてじゃないかと驚く。鴻上氏の熱い思いを感じずにいられなかった。

 舞台の出演は久野綾希子さん(70)、前田隆太朗さん(25)、松村武さん(50)と20~25歳間隔の3人。3人だけでスピーディーに回していくので忙しくて大変。
 特に主役の久野綾希子さんは年齢が作品の設定と一致するリアリティで、元気があふれ、しぐさも細かく考えられている。ミュージカル女優として超有名だが、その魅力が引き出されていて、大きな見どころだ。松村武さんは演劇を知り尽くしたとも言える表情と話術の巧みさが際立ち、また前田隆太朗さんはエッジのある若さを前面に出している。2時間。

 公演初日、鴻上尚史氏に話を聞いた。
鴻上尚史氏 「二十歳の原点」について鴻上氏は「自分は1958年生まれで、高校2年生くらいに読んだ。話題作だった。僕らの世代は、反戦運動や学生運動の盛り上がりから10年後に近いから、みんなそういうことを〝無視〟していたので、僕としては『二十歳の原点』は伝説の本だった。でも当時好きだった女の子にプレゼントしたら…、けんもほろろに無視されたけど(笑)。それがあの当時の1975年くらいの〝健全な若者〟の感覚だった。反戦運動や学生運動を遠い世界のものとして忌避していた」
 そのうえで「『二十歳の原点』は1970年代初頭の時代を再現するマストアイテム。政治党派のような人の残したものではなく、活動に参加したけれど途中で止めてしまったりしたことを含めて彼女のスタンスに共感できるんだと思う」。

 本ホームページについて、鴻上氏は女性が編集していると思っていたそうだ。今回改めて『二十歳の原点』を再読されていたこともあり、いくつかの質問も頂いた。「ホームページを見ているので、今後も発展させてください。とても素敵な仕事なので、出版を意識していいのではないのでしょうか」と励ましの言葉も添えてくださった。

  1. 高野悦子「二十歳の原点」案内 >
  2. 取材ノート・かるちえ >
  3. 舞台『アカシアの雨が降る時』