高野悦子「二十歳の原点」案内
二十歳の原点序章(昭和42年)
1967年 4月24日(月)
 晴れ

 京都:晴・最低4.7℃最高19.3℃。

 〝沖縄芸能の夕べ─ひゃみかちうきりの集い〟に出席した。

 「ひやみかちうきり」は沖縄民謡、ひやみかち節の一節。“気合いを入れて立ち上がれ”という意味である。沖縄は1967年当時、日本返還前でアメリカの統治下にあった。
 4・28沖縄デー記念・第5回海上大会代表団激励〝ひやみかちうきりの集い〟は、沖縄・小笠原返還同盟京都府本部主催で、4月24日(月)午後6時20分から京都府立勤労会館で開かれ、約1,000人が参加した。
 返還同盟京都府本部副理事長である鈴木清立命館大学助教授のあいさつなどに続き、〝沖縄芸能の夕〟として沖縄舞踊保存会・普久原京子研究所の「沖縄のおどり」や、大阪野里道場の「空手演技」、返還同盟京都学生協議会の合唱「沖縄の民謡」を上演した。
 続いて海上大会代表団(23名)の紹介が行なわれたあと、京都うたごえ協議会による〝組曲「沖縄を返せ」〟を参加者も加わって合唱して終了した(「海上大会代表を激励─4・28沖縄デー」『京都民報1967年5月3日』(京都民報社、1967年)参考)

 飯田さんと烏丸丸太町にある勤労会館に着いたのが六時二、三分過ぎ、席がガラガラで幕も当分あきそうもないので、
京都府立勤労会館

京都府立勤労会館周辺図京都府立勤労会館近く1966年の烏丸丸太町付近
 京都府立勤労会館は、京都市中京区烏丸通竹屋町上ル大倉町にあった京都府の会館。鉄筋コンクリート地下1階・地上7階で、1966年にオープンした。
 建物は建て替えられ、現在は京都府立総合社会福祉会館(ハートピア京都)になっている。
京都府立勤労会館ハートピア京都
 勤労会館の中心施設である2階の大ホールは1,500人収容だった。音楽、映画、演劇、公開放送などのイベントに利用できるよう、特に音響効果を重視し、国内で初めて天井・壁面にアルミパネルをうろこ状に配置していた。
京都府立勤労会館大ホール

 軽いものでもと一階のグリルに行った。
寿屋 勤労会館ランチルーム

 寿屋・勤労会館ランチルームは、京都府立勤労会館の中2階にあった喫茶・食堂(写真下)。『二十歳の原点序章』の記述にある1階はピロティとガレージで、階数は勘違いである。
寿屋 勤労会館ランチルーム
 寿屋は元々洋菓子問屋だったが、烏丸通をはさんで向かいにあたる京都市中京区烏丸通丸太町下ル西側大倉町に喫茶・グリル店を開業していた関係で、勤労会館にも出店した。
寿屋 店内のほか、会館内行事へのケータリングもしていた。当時のメニューはサンドイッチのほかに、Aランチ・Bランチ、カレーライスからコーヒー、パフェなどをそろえていた。値段は施設利用の代わりに京都府に届け出る必要があったため、抑えられていたという。
 店の人の話では、サンドイッチは、パンにマヨネーズをぬって、ゆでタマゴやハム、キュウリをはさんだ一般的なスタイルだったという。
 寿屋は勤労会館の建て替えに伴って移転し、京都市中京区夷川通室町西入ル泉町で洋食店を営業。ランチルーム当時の夫婦が切り盛りされていたが、最近になって閉店した。
現在の寿屋

 外の方をみると、何やらカンパらしきものをやっている。

 店内から見えるのは、京都府立勤労会館の階段や1階ピロティである(写真上(寿屋勤労会館ランチルーム)参考)。

1967年 4月26日(水)
 晴

 京都:晴・最低6.9℃最高24.8℃。

 あの集いは〝沖縄を返せ〟のうたで最高潮に達したが、

 「沖縄を返せ」(1956年)は、全司法福岡高裁支部作詞・荒木栄作曲による沖縄返還運動の歌。マーチ調で、歌詞の最後で「沖縄を返せ」というフレーズがくり返される。
 ひゃみかちうきりの集いでは、京都うたごえ協議会による〝組曲「沖縄を返せ」〟を参加者も加わって合唱した。

 烏丸通り丸太町から京阪三条まで歩いて帰った。九時二〇分位だったろうか。烏丸通り一帯それから御池通り一帯のお店は閉まっていてひっそりとしていた。

 京都府立勤労会館(烏丸丸太町)─烏丸通─御池通─河原町通─三条通─京阪・三条駅。
烏丸丸太町から京阪三条烏丸御池から東側の御池通
 京都市中心部の烏丸通と御池通は事業所が多かったため、コンビニもない当時は深夜営業の店は少なかった。河原町通に入ってからは夜遅くまで店が開いていることになる。
京阪京津線

 空の月がへんだった。満月らしいりんかくはわかるのだが、全体がいつものような白い輝きはなく、赤黒く曇っているのだ。
皆既月食 満月が赤黒く曇っていたのは、1967年4月24日(月)が皆既月食だったためである。
 京都は4月24日夜が快晴だったため、月食を見ることができた。午後8時27分から午後9時46分まで「赤黒い輪郭がかすかにわかるだけの皆既状態」(『京都新聞昭和42年4月25日』(京都新聞社、1967年))が続いた。

 きのう(二十五日)一回生部会に入ろう(歴研では一回生部会がとりやめになった)という人達が集まって

 4月25日(火)午後3時から1年生が集まったと参加者が記録している。メンバーの顔ぶれは4月22日(土)と重なっている。
☞1967年4月22日「十七人の人が集まった」

1967年 4月28日(金)
 雨

  京都:曇時々雨・最高18.9℃最低15.5℃。昼前から雨模様となった。

 北緯二七度線での海上大会を始め、東京・大阪など各地で沖縄・小笠原の即時返還をめざす大会が開かれた。

 北緯27度線は、沖縄返還前に日本と米軍統治下の沖縄との間にあった国境線。海上大会は、その国境線をはさんで日本(本土)側と沖縄側の双方が漁船で集まり、沖縄返還・本土復帰を訴える大会である。
 小笠原諸島も当時、米軍統治下にあった。1968年の小笠原返還協定により日本に返還された。

 私の日記は奥浩平君のいう〝自虐的な文〟でつづられている。

 「重ねて決心するが、恋心的な、ぐち的な、自慰的な文章を書かぬようにしよう」(奥浩平「中原素子への手紙 一九六三年四月四日」『青春の墓標』(文藝春秋新社、1965年))。

 アンディ・ウィリアムズが来日した。アンディのステージ姿をみたいがきっとだめだろう。でも京都見物にくると思うから見るチャンスはあるだろう。一度はアンディそのものをみたい。
アンディ・ウィリアムス アンディ・ウィリアムス(1927-2012)は、アメリカの大物ポピュラー歌手。当時、テレビ音楽番組「アンディ・ウィリアムズ・ショー」(日本ではNHK総合)で日本でも人気を集め、ヘンリー・マンシーニ楽団と組んで初来日して日本公演を行った。なおヘンリー・マンシーニ(1924-1994)はウィリアムスのヒット曲「ムーン・リバー」の作曲を手がけた。
 5月5日(金)午後7時から京都市左京区岡崎最勝寺町の京都会館第一ホールでコンサート「アンディ・ウィリアムス・ショウ」を開いている。曲目は「ムーン・リバー」、「酒とバラの日々」、「マイ・フェア・レディ」、「夜のストレンジャー」、「シャレード」ほかで、S席5,000円・A席3,500円・B席2,200円という当時としては破格の高値だった。
  1. 高野悦子「二十歳の原点」案内 >
  2. 序章1967年4-5月 >
  3. 勤労会館 赤黒く曇った月