高野悦子「二十歳の原点」案内
二十歳の原点ノート(昭和40年)

高2関西修学旅行

 高野悦子は高校2年の秋に修学旅行で関西に行っている。「二十歳の原点ノート」の記述は少ないが、その全体像を関係者から提供いただいた資料を参考に紹介する。

1965年11月 8日(月)
 今日は修学旅行第一日目。一日中汽車の旅だった。

 宇都宮女子高校での修学旅行は、1965年11月9日(火)から12日(金)まで3泊4日の日程で行われた。前年度まで5日間だった日程が短縮されている。近畿日本ツーリスト(現・近畿日本ツーリスト関東)宇都宮支店が担当した。
 「二十歳の原点ノート」では11月8日(月)出発という記述になっている。

 三時半起床、四時にお父さんの車にのる。ゆめうつつで一時間、宇都宮駅につく。

 04:00実家─国道4号(自家用車)─05:00国鉄(現・JR東日本)・宇都宮駅
 下宿から実家に帰っていた。東北自動車道はまだ開通していない。
☞二十歳の原点1969年1月7日「朝、父の運転する車で」
宇都宮駅

 レインコート姿のみんなが集まっている。

 (推定)11月9日午前5時・宇都宮:雨・11.9℃。

 五時半、いや、それより少し遅れて汽車は出発。

 国鉄(現・JR東日本)・宇都宮駅─東北本線─東京
 電車である。1973年まで東北本線の列車の一部は東京駅に乗り入れた。2015年から再び上野東京ラインとして東海道本線との相互直通運転が行われている。
 東京─東海道新幹線─国鉄(現・JR東海)・名古屋駅
 途中停車駅はない。
 近鉄・近畿日本名古屋駅(現・近鉄名古屋駅)─名古屋線─山田線─宇治山田駅
 近鉄の改札は名鉄・新名古屋駅(現・名鉄名古屋駅)で行われていた。国鉄からの連絡改札は1969年に開設されたものである。また宇治山田駅は山田線の終着駅だったが、1969年に鳥羽線として五十鈴川駅まで延伸されたため現在は途中駅となっている。
高2関西修学旅行初日新幹線移動近鉄宇治山田駅

 宇治山田駅─伊勢神宮・内宮
 宇都宮女子高校の修学旅行一行は三重交通バスに乗り換え、最初の見学地として三重県伊勢市宇治館町の伊勢神宮・内宮を訪れた。
高2修学旅行伊勢志摩地図
 ※本項では昼食場所等は省略する。

伊勢神宮記念写真ポイント

 伊勢神宮・内宮を訪れるにあたって、五十鈴川にかかる宇治橋の手前にある鳥居の前で記念写真を撮影した。
伊勢神宮記念撮影ポイント位置伊勢神宮宇治橋
 三重県伊勢市宇治今在家町にある鳥居は伊勢神宮の行事である式年遷宮に合わせて20年ごとに建て替えられていて、当時の鳥居は1954年に高さ約7.4mで完成した。宇治橋も20年ごとに架け替えられていて、当時の橋は1949年に長さ101.8m・幅7.88m・橋桁5本で完成した。
 記念写真の下部には「内宮 40.11.9」と印字されている。同級生と引率教諭ら計57人が写っていて、高野悦子はジャケット姿で2列目のやや右側にいる。
伊勢神宮記念撮影ポイント位置伊勢神宮での高野悦子の写真
 鳥居と橋の20年サイクルは続き、現在の宇治橋鳥居は2014年に完成した。また宇治橋は1969年の架け替えから8.42mに拡幅され、橋桁も7本に増えた。現在の橋は2009年に完成したものである。

 伊勢神宮・内宮─伊勢志摩スカイライン─御木本真珠ヶ島
宇女高修学旅行伊勢・鳥羽のスナップ
伊勢志摩スカイライン

 伊勢志摩スカイラインは伊勢神宮・内宮付近と鳥羽市を山間部を通って結ぶ有料道路で、1964年10月に開通した。全長16.3㎞で途中に三連屋根で鉄筋コンクリート打放しの朝熊山レストハウスがあったが、現在は解体されている。
伊勢志摩スカイライン

御木本真珠ヶ島

 御木本真珠ヶ島(現・ミキモト真珠島)は三重県鳥羽市鳥羽一丁目にある小島で、観光施設として1951年にオープンした。御木本幸吉が養殖真珠第一号を発明完成したのを記念して真珠島と名付けられた。
当時の御木本真珠ヶ島
 鳥羽港からの専用船で島に渡った。島と対岸とを結ぶパールブリッジは1970年完成である。
現在のミキモト真珠島島内の様子
 御木本幸吉の銅像は1953年に建立された。高さは3.75mある。
1960年代の御木本幸吉像付近の様子同行者が撮影した御木本幸吉像
 真珠と真珠養殖に関する写真や標本などを展示したミキモトパールミュージアムが1962年に、また真珠養殖と真珠加工のプロセスを解説・実演するパールホールが1964年に、それぞれオープンした。現在は建て替えられ、真珠博物館とパールプラザになっている。
当時のパールホールとパールミュージアム
 海女の実演を間近に見る海女スタンドは1961年に開設されていて、毎日40分ごとに海女の潜水作業を実演していた。現在は概ね1時間ごとになっている。
真珠博物館海女の実演

 ここは二見が浦の大安支店(旅館)の四階「乙女」の間である。
旅館大安支店
 旅館大安支店は、三重県二見町荘(現・伊勢市二見町荘)にあったホテルである。
旅館大安支店地図旅館大安支店広告
 三重県伊勢市中之町にあった「大安旅館」の支店として1951年に開業、1964年に鉄筋コンクリート地下1階地上4階(塔屋4階)の近代的設備を整えた別館が完成し、全53室と当時の二見浦地区最大級のホテルになった。

ホテル二見浦島空撮1970年代のホテル二見浦島外観
 1972年に大安旅館が廃業、旅館大安支店はホテル浦島チェーンの「ホテル二見浦島」として運営された。
1970年代のフロント・ロビー旅館大安支店1970年代の客室
 二見町は伊勢市中心部と鳥羽市の中間に位置し、伊勢神宮を参拝する人の宿泊地として発展した。二見浦地区の海岸沿いには旅館・ホテルや土産店が数多く並び、夫婦岩の観光客や海水浴客などに加えて、春と秋は特に修学旅行の団体利用が多く、年中にぎわっていた。
 二見町は2005年に隣接する伊勢市と合併した。
大浴場大宴会場
 近年では高速道路の整備や修学旅行の変化、観光の多様化などによって、二見浦地区は宿泊地として衰退傾向が続いていて、旅館・ホテルや土産店も減少した。
 ホテル二見浦島は1985年に閉館した。建物は取り壊され、現在は駐車場になっている。
旅館大安支店跡旅館大安支店付近の海辺

高野悦子「二十歳の原点」案内